プロフィール

ゆかいなひよこたち

Author:ゆかいなひよこたち
「ボクたちは、いったいいつまで若いのですか?」

もう戻れない日々を疾走する
しまやスタッフ若気の至り


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


スポンサーサイト [-------- --]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

早起きは嫌いだ。った。 [2014-07-19 土]




ソルトアップルジュース、ウニ(スエロマティック)です。
塩味のリンゴジュース……うん、うん……。
リンゴの味がふわっとして、その後に何とも言えない塩?味が。
美味しいかと問われると首を傾げるし、不味いかと問われたらぽみって感じです。


最近、通勤時刻を一時間ほど早くした。
起きてから身支度をし、そのまま駅へ。朝食は摂らない。コンビニでも買わない。
この時間だと、武蔵野線はほぼ確実に座れる。早起きをする理由の一つが、これだ。
いつも通りならば座れるかどうかは、ほとんど運だ。正直、毎朝座れるかどうかで一喜一憂するのは、なかなか疲れるものなのである。
しかし、京浜東北線ではさすがに座れない。まあ、混んでないだけマシだが。

そんなこんなで、王子駅に到着する。
時刻は7時。出勤には早すぎる時間だ。そもそも、いつもはこの時間に家を出るのだが。
すぐに足を向けるのはモスバーガーだ。マックはあまり好きじゃない。以前のマックは安さが売りだったのに、最近は値段が高くなっているので、わざわざ行く必要がなくなったからだ。ただ、100円マックや朝早くから開いているのはすごくありがたいので、そういった場面では利用する。
モスバーガーは7時に開店する。意外にも、私より早く来ている人もいる。
ここで、ようやく空腹を満たすことができる。そのメニューが、これだ。





朝モスセット+モスバーガーである。
味は、可もなく不可もなく。要するに普通である。美味しすぎず、不味すぎず。
しかし値段は500円以下(うろ覚え)なので、個人的には満足している。
そしてお供にはアイスコーヒーだ。コーヒーは口臭が気になるし、飲むと何故か吐き気が起きるのだが、コーヒーそのものは好きなのでぐびってる。グラスが少し豪華なのも好印象だ。
窓際のテーブルに陣取り、外の通行人を眺めながら朝食をいただく。ここから会社までは10分程度。猶予はおおよそ1時間くらいだ。

さて、何故家でご飯を食べないのか。
人によっては、その1時間余分に寝たいと思うだろう。家でのんびりしたいと思うだろう。モスにかけるお金がもったいない、なんて考えるのは実に当然だ。実際、私自身そう思っていたのだから。
その理由は前述したように、武蔵野線で座れるようになること。そして、朝の時間を生み出すことである。
そもそも、スエローの朝ごはんはおおよそコンビニ弁当だ。自分で作ることは稀で、仮に家で食べたとしても、昼前にお腹が空いてしまうのが悩みの種だった。
金額とてコンビニ弁当とモスバーガーはほぼ同じようなもので、むしろ手作り感を楽しめるモスバーガーの方が好みだ。
そして何より、これで捻出できた1時間が実に良い。

今までは勤労した後にパソコンと向き合っても、眠くなったりネットサーフィンをしてしまったりと、有意義な時間を過ごしているとは言い難かったのである。
もちろん、早起きする分は早く寝るようにしている。特に損は覚えない。
すっきりした頭で、のんびりとした空気に包まれながら、原稿をカタカタと進めていく。
気が向いたら本を読めるし、早起きしたからといって、午前の仕事中に眠気がくることはほとんどない。


外でやる原稿や読書が楽しいと感じ始めたら、休みの日は出歩くようになった。
一人カラオケも楽しくなってきたし、色々な店のアイスコーヒーを飲み比べるのも実に良い。
楽しみとは、案外道端に転がっているのかもしれない。


結論。


早起きは嫌いだ。
しかし、早起きは私のことを好いているようである。



やってみる。そうすれば、案外違う道も歩けるみたいだ。
同人誌印刷はしまや出版


コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yukainahiyokotati.blog.fc2.com/tb.php/719-cf1e1ed7

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。