プロフィール

ゆかいなひよこたち

Author:ゆかいなひよこたち
「ボクたちは、いったいいつまで若いのですか?」

もう戻れない日々を疾走する
しまやスタッフ若気の至り


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


スポンサーサイト [-------- --]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

We don't get fool again! [2013-07-08 月]

デイド署だ!
全員銃を捨てて手をあげろ!




と、一度口にしてみたいじゅうたんです。かっこいい。


あれです。CSIマイアミです。じゅうたんあれ大好きなんです。大好きなんですよ。大好きなんです…のに…



新作のレンタル始まったばっかDVDのタイトルに、
「Finale」の文字が・・・




まさか。



…じゅうたんは世の無情さを噛みしめています。



TSUTAYAにて見ましたところ、どうやらマイアミとニューヨークが終了してしまった様子。
本家本元のラスベガスには、まだ「finale」の文字は踊っておりませなんだ…それだけが救いですじゃ…
と言いますか、ベガスは終わるに終われない状況なんじゃなかろうかと推測してみたり。
だって、超凶悪犯が脱獄・逃亡したばかりですからね。また女の子たちがたくさん殺されてしまうかもしれないと思うと…


教授!
ラングストン教授!
早くハスケルを捕まえてくださいお願いします!


女の子には幸せになってもらいたいものです。


海外ドラマのいいところは、日本のドラマにはない思い切りとか、アクションの派手さ、過激さに、人種の坩堝ゆえの事件など、ドキワクしながら楽しめるところなのではないかと思うのです。
あとアメリカンジョークね。
会話のテンポが一々リズミカルで面白く、会話一つとっても、この切り返し、頭いいなあ…などとおもってしまいます。

そんな中で、じゅうたんが好きなのはこの人。







CSIマイアミのチーフ(と言うよりボス)、ホレイショ・ケイン!(演じているのはデヴィッド・カルーソ)

テンポの良い会話なんてあまりなくて、むしろ人の言葉をぶった切り、たった一言で人(ここでは犯罪者を意味する)を黙らせる恐ろしい主人公です。(私が最初、この人をマフィアのボスかなんかかと思ったのはここだけの秘密である。)


犯罪者にはめっっっちゃんこ恐ろしい(静かに恐ろしいタイプ)彼ですが、被害者や遺族(特に未成年)にはとっっっても優しい計らいをしてくれて、たまに(主に未成年の女性に)見せる笑顔ときたら、かわいいのなんの…!
彼の笑顔を見てしまったら、じゅうたんが自らの鼻血で血染めのじゅうたんになってしまうこと請け合いです。

ちなみにオープニングには、チラッと、ほんとにチラッと、彼の笑った顔が映っているので、興味のある方は是非!見てみてくださいませ。(*^o^*)

日本でファン増えたら、シリーズ再開してくれるかなぁ…なんて考えていませんよもちろん。


そんなこんなで、じゅうたんの愛するCSIシリーズが、一気に二つも終わってしまうわけですが。
盛者必衰の理と思えば、仕方ありませんね。

(小声)一度くらいは、CSI関連の入稿があったらいいなと思っていたのですが…

その期待は、次にハマるであろう海外ドラマに持ち越すことに致しましょう!じゅうたんRPSも好きなので(*^ ^*)


こないだメンタリストの本が入った時は嬉しかったなぁ…
好きなの私だけじゃないんだ!という幸せを噛み締められて。


マイナージャンルもばんばんイベントやって、じゃんじゃんファン層と仲間を増やしていけたらいいなあと思うじゅうたんでありました。



あれ?
ホレイショケインのかっこかわいい話からだいぶズレましたが…今日はこの辺で失礼致します。

おやすみなさい!

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yukainahiyokotati.blog.fc2.com/tb.php/452-078966c5

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。