プロフィール

ゆかいなひよこたち

Author:ゆかいなひよこたち
「ボクたちは、いったいいつまで若いのですか?」

もう戻れない日々を疾走する
しまやスタッフ若気の至り


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


スポンサーサイト [-------- --]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吾輩書店のオススメ [2012-05-21 月]

こんばんは、吾輩である。

今日は吾輩が読んでいる、小説以外の本を紹介したいと思う。
吾輩は基本的に小説ばかり読んでいるが、そんな生活を送っていると
たまにはそれ以外の本も読んでみたくなるのである。

まずはこれだ。

密室入門

これはミステリー小説の分野で第一線を突き進む、作家の有栖川有栖氏と
一級建築士の安井俊夫氏が、ミステリー小説に頻出する「密室殺人」について
語り尽くしたという非常に面白い本である。

「密室殺人」というのは、たとえば全ての窓に内側から鍵が掛かり、
当然ドアにも中から鍵が掛けられ、外部から強引に侵入した形跡もなく、
そして唯一その部屋に無傷で侵入できる部屋の鍵が家の中にある、
という部屋の中で吾輩が殺害されている(!)、というような
状況のことをいう。
一体犯人はどうやって屈強な吾輩を殺害し、
閉ざされた部屋から脱出したのであろうか……、
ということを考えるのが密室の楽しみなのだ。
そんな密室について、実際の小説で使われた密室殺人を例に取り上げながら
熱く語り明かしているのが本書。
タイトルにもあるとおり、密室初心者さんにもオススメの一冊である。

さてさて、お次はこちら。

FBI

見よ、このそそるタイトルを!
なんと甘美な響きであろう!
吾輩はまだ本書を読んでいないが、本書を読破した暁には
あんなことやそんなこと、それだけにとどまらず
こんなことまでやってしまうつもりである。
( ̄ー ̄)

最後に紹介するのがこちらだ。

日本とは何か

みなさんは日本という国のことをどこまでご存じだろうか。
吾輩は、よくわからない。
海外の人に訊かれても返答に窮してしまうだろう。
それではイカンと思い購入したのがこの本だ。
圧巻の全26巻。
日本の成り立ちから歴史を紐解き、今後の展望までを記してみせた、
いわば日本大百科事典なのである。
このシリーズを読破したとき、吾輩はそれまでの吾輩ではなくなるであろう!
まだ冒頭10ページしか読んでないけど、吾輩は頑張って読破するつもりである。
こうご期待。

以上。
今後も面白い本を小説とそれ以外に関係なく紹介していければと思っている。
それでは今日はこんなところで。

明日はひとでさん。
どうぞよろしゅう。

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yukainahiyokotati.blog.fc2.com/tb.php/45-93d9a3fd

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。