プロフィール

ゆかいなひよこたち

Author:ゆかいなひよこたち
「ボクたちは、いったいいつまで若いのですか?」

もう戻れない日々を疾走する
しまやスタッフ若気の至り


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


スポンサーサイト [-------- --]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィルモア皇帝に剣捧げ! [2013-05-27 月]


こんにちは。
最近、ながい・・・なっがーーーーーい休載を終え、やっっっっっっっっっっと連載再開したファイブスター物語の、あまりの変わりように驚きを通り越して尊敬の念を抱いているじゅうたんです。


あの練り練り練られた世界観や名称を、どうして変えようと思ったのか…
違う風にやりたいなら、違う話を書けばいいものを、それを現行の物語でやろうとしてしまうところが永野護氏の凄いところですね。
読者も置いていかれないよう、新たに勉強しなおさねばなりませんね。


話は変わりまして、今日はじゅうたん、休日にもかかわらず、早い時間から活動を開始した。
我が最愛の御方からの指令、「夏っぽいシースルーじゃないカゴバッグじゃない鞄が欲しいなぁ」を遂行するためである。
そのためじゅうたん、「オペレーション・Mother 」を発動し、恵比寿に潜伏致した次第である。

早い時間に恵比寿に着いてしまったじゅうたん、開店まで間があるので、近くのマックにて時間の過ぎるのを待つ。

開店時間になると、もう店に入りたい気持ちはあったが、早々に入店するのも待ち遠しげに思われるのが憚られ、更に少し待つ。

ある程度人の出入りが見られるようになったら、行動開始である。


タタタタッ

サッ


エスカレータを上り、大きな柱に身を隠す。


スッ…


道を行く人に紛れ、目当てのテナントの近くを歩き、横目に中を窺う。
道の方向を変え、角度を変え、何度か行ったり来たりを繰り返し、中にどんな鞄があるのか、大体を把握し思案する。

目星をつけたところでターゲットに接近を図る。

このとき気を付けねばならぬのは、店員さんに極力近寄られないようにすることだ。
じゅうたんは自分で悩んで選ぶのが好きなので、あの商品はどうの、この商品はどうのと囁かれるのは苦手なのだ。
こちらは気に入るものがなければ、他所へ見に行けるのだが、あちらは「うちで」買っていってほしいという気持ちがあるからだろう、少し何かを眺めていただけで、その商品の売り込みに近づいてくるのだ。
逃げ切れるか、食いつかれるか…

意を決して入り口をくぐり、目星をつけたものを一点一点確認してゆく。
横目に見て、店員さんが近づいて来そうになったら次の商品にうつる。
それを続けていたのだが、一点、良さげだなと眺めていたら、背後から


「そちら、どうですか?珍しい配色で、可愛いですよ」

と、声がかかった。
ま、まさか!
そのまさかである。
私は捕まってしまったのだ!

あんなに周囲に気を配っていたのに、気配を感じさせないとは、この店員、くの一か?!飛騨出身に違いない。

仕方なく店員さんに向き直り、プレゼントする鞄を探していること、いまの所、3点目星をつけて悩んでいることを伝える。

ああ、めんどくさいことになった…

心中嘆くじゅうたんを救ったのは、神でも仏でも正午を告げるアナウンスでもなく、件の店員さんだった。

その店員さんは、付かず離れず、良い距離をキープしながら、鞄を選びかねる私と一緒になって、真剣に悩んでくれたのだ。

邪魔っけにしてごめんなさい

じゅうたんは心の中で店員さんに頭を下げ、店員さんと悩みに悩んだ鞄を手にお会計へ向かった。

建物に入ったのは10:40ごろだったというのに、レジを終えて時計を見れば、12:20を回るころだった。なんと、その時間一人しか居なかった店員さんを、一時間半以上も独り占めにしていたらしい!
店員さんを拘束しすぎたことを謝罪すると、「いえ、大切な贈り物を一緒に選べて楽しかったですよ。こんなに真剣に選んだのですから、きっと気に入ってもらえますよ」と言ってくれたのだ。


ごめんなさいごめんなさい、ほんっとーにごめんなさい、色々と!
そしてありがとう。

心の中でそう唱え、店を後にしたじゅうたんだった。


今まで大抵のお店で店員さんに近寄られるのを苦手にしていたじゅうたんは、今日、その認識を少し改め、これからはもうちょっと店員さんを頼ってみようかなと思ったのでした。

そんなわけで、じゅうたんの「オペレーション・Mother」は遂行完了、あとは最愛の御方の反応を楽しみに眠ることに致します。



店員さん、そして今ブログを読んでいらっしゃる方。長々とお付き合いいただきまして、ありがとうございました!


コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yukainahiyokotati.blog.fc2.com/tb.php/418-ef4c2f1a

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。