プロフィール

ゆかいなひよこたち

Author:ゆかいなひよこたち
「ボクたちは、いったいいつまで若いのですか?」

もう戻れない日々を疾走する
しまやスタッフ若気の至り


カレンダー

04 | 2017/03 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリ


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


スポンサーサイト [-------- --]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Free Hugs [2013-04-29 月]

20130514225404309.jpg

こんにちは、じゅうたんです。
ゴハンです。溺愛で…いやいや、出来合いですますさみしい独り者です。



さて。最近お仕事で、素敵なテーマの本に出会いましたよ。題材はFree Hugs。フリーハグとゆうもの。


フリーハグってなんぞや、と思う方もいらっしゃるでしょう。私もよく分かってはいませんが、渋谷の駅前など、人通りのある所に、「フリーハグ」と書かれたものを下げて立ってらっしゃる人がいて、そのひと達に通りがかる人がハグしてゆくんです。
勿論みんなじゃないし、見てるとハグしてくひとの数って少ない上、奇異や好奇の目で見るひとも結構いるんです。
でも、彼女たちはそれでも立ち続けてる。


それを渋谷駅のハチ公前で何回か見かけたじゅうたんは、なんだかちょっと彼女たちの気持ちが知りたくなって、そろそろと近寄ってみた。
だけど、週末の夕飯時の渋谷は凄い込みようで、ちょっと近づいただけじゃ気づいてもらえなかったみたい。
やっぱりこういう事は腰が引けてたらあかんのですね。と反省したじゅうたん。


またも渋谷駅前に、多分違う子だけど、フリーハグって下げて立ってる子がいて、今度は自ら挑むような気持ちで(何に?)「お願いします!」と言ったらば、「はい!」と、すんごい笑顔でハグしてくれたんです…


何してんだろ、どんなんだろ、って只の好奇心だったんだけど、ハグして貰ったら、何か良く分からないけど私も笑っちゃっていました。


結局何のためなんだか、何がいいんだか分からなかったけど、何だか楽しかったじゅうたん。


フリーハグやってる人を見かけると、ついつい「いいですか?お願いします」と言ってしまうようになりました。
自分でも良くわからんのですが、にっこり笑ってハグし合うのは、なんだか心地いいということです(女子限定)。


いつか、自分から札を下げて路上でハグしてくれる人を待つ日が来るかしら、などとドキワクしつつ、シャイなアンチクショウであるじゅうたんにはまだまだ難しいなとションボリしたのでした。



明日はひとでお姉様です。よろしうおたのもうします。

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yukainahiyokotati.blog.fc2.com/tb.php/401-89f4f1c3

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。