プロフィール

ゆかいなひよこたち

Author:ゆかいなひよこたち
「ボクたちは、いったいいつまで若いのですか?」

もう戻れない日々を疾走する
しまやスタッフ若気の至り


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


スポンサーサイト [-------- --]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今までありがとうね、これからも宜しくね。 [2013-04-28 日]

先週の4月24日の水曜日、夜の9時頃に家で一緒に生活をしていた猫のアラレが亡くなりました。

死因は解剖をしていないので詳しい事は分かりませんが急死でした。


親が旅行に行く件と自分の仕事が忙しい時期が重なったために、猫をペットホテルに預けて2日後に迎えに行った所、いつもに比べ体温が低く震えていました。
帰ってきてからも食欲がなく胃液を嘔吐していたため、翌日にすぐに病院へ連れて行こうと話してはいたのですが、その翌日に更に体調が悪化し病院へは間に合ったのですが息を引き取ってしまいました。

医者に経緯を話したところ、薬物中毒の可能性があるので解剖をした方が原因が分かるかもしれない。と相談をされましたが、今解剖をした所でアラレが生き返る訳でもなく、また遺体を傷つけたくない考えからお断りをさせて頂きました。

これは完全な主観であり解剖などの化学的根拠もないので、思ったり考えたりしてはいけないのですが、自分はどうしても預けてしまったホテルを疑ったりしてしまっているのです。
よくペットホテルにペットを預けて帰ってきたら直ぐに亡くなってしまったという話はよくあり、やはり普段とは違う場所・人という点でストレスが溜まり何かしらの発作等が発生し亡くなってしまうそうです。

ただ、自分がその立場になると、預ける前はあんなに元気で月1の健康診断でも何も異常が無かったのに、ホテルに行ったら亡くなってしまったという結果に納得がいかないのです。

ホテル側も大きな花を送ってきたり、宿泊料金はいらない、葬式代はホテル側で全額負担するなど、嫌でも疑いを懸けざるおえないような対応をしてきますし……。


正直、こんな事を言ってしまっては社会人としては失格かもしれませんが、この会社に入って初めて完全な個人的な事情で出勤をしたくないと感じました。
翌日出勤出来たのは、繁忙期と言う事で何があっても仕事をしなければならないという考えから会社に行けたんだと思います。


正直、しばらくの間はこの事で気持ち的に引きずると思います。

いつも自分が出勤する朝早くに首輪の鈴をリンリン鳴らして見送ってくれる。
遅くに帰ってきても首輪の鈴をリンリン鳴らして出迎えてくれた。

今は静かに小さな箱に入って、自分が挨拶をして出勤・帰宅をしています。



2年と少しの間だけでしたが、凄く楽しい思い出を貰えました。
家に来てくれた事に生前も感謝をしていましたが、改めて感謝の気持ちを持って生きて行こうと思います。

本当に今までありがとうね。
これからも宜しくね。

また遊ぼうね。
バイバイ、またね。





来週からはまた普通のブログを書いていきます。

それでは、今回はこの辺で。




同人誌印刷のしまや出版

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yukainahiyokotati.blog.fc2.com/tb.php/390-fb738bcd

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。