プロフィール

ゆかいなひよこたち

Author:ゆかいなひよこたち
「ボクたちは、いったいいつまで若いのですか?」

もう戻れない日々を疾走する
しまやスタッフ若気の至り


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


スポンサーサイト [-------- --]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書の春 [2013-04-01 月]

こんにちは、今日も気づいたら実家にいたじゅうたんです。

ここに来ると、母上と遊んで、ぼーっとして、母上のお掃除を時たま手伝って、母上と遊んで、ごはんを用意して(作るというほどのものではないので、作るとは言わない。おこがましいので言わない。決して。)、母上と遊んで、ケーキ食べて、ぼーっとして、母上と遊んでます。
130225_1602~01

生産性というものは無いかもしれませんが、少しでも多く記憶に留めておきたい。
まあ、うちの母上かわいいんで、頭からバリバリ食べちゃいたいんですけど、それは置いといて。


実家っておもしろいです。
昔好きだった本とか漫画とかが残ってて、帰ってくるたびに読み返してます。
デルフィニア戦記とか、十二国記とか、トリニティ・ブラッドとか、ブギーポップとか、爆撃聖徳太子とか。
ラノベが多かったりするのですが、ラノベと言うのも奥が深く、本当にライトなものから、これライトじゃないだろう!ってなるくらい深く、重みのあるものまで。

面白い本はどれも、各々のキャラクター達が作中を「生きている」のがまざまざと感じられるものばかりですね。
楽しんでたり喜んでたり戦ってたり苦しんでたり。

そういう、生き抜いているキャラクターたちから目が離せなくなって、共に涙したり、一緒になって笑い転げたりしています。

今日はデルフィニア戦記で笑い転げました。
本編は十八冊くらいとなかなか長いのですが、第一章が四冊で、その第一章が一等おもしろいので一日中読んでいました。
戦記と付くくらいだから勿論戦いやら陰謀やら何やらあるのですが、主人公たちが痛快で、窮地も窮地と思わせない主人公たちのやり取りが魅力です。



ああ、このまま第二章も……というところで、兄がやって来てしまいました。

兄は今日お給料日なので、30分ほど前に「帰りに大●屋のたこ焼き買ってきてー」と母上と一緒にメールを入れたんでした。
ちゃんとたこ焼き買ってきてくれた模様です。

語りたいことは尽きないのですが、たこ焼きを食べないことには何も手につかないので、今日はこのへんで失礼致します。

明日はひとでお姐様です。よろしくお願い致します。

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yukainahiyokotati.blog.fc2.com/tb.php/377-21e79e0c

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。