プロフィール

ゆかいなひよこたち

Author:ゆかいなひよこたち
「ボクたちは、いったいいつまで若いのですか?」

もう戻れない日々を疾走する
しまやスタッフ若気の至り


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


スポンサーサイト [-------- --]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

進撃のスエロー [2013-04-13 土]


ちわっす、スエローです。
テンションが低い? 残念、先週が高すぎた。


最近は、ずっとこの動画をリピートしています。



いま巷で話題の『進撃の巨人』のOP曲です。
すごいぞ、かっこいいぞー。久々にズッキュンマイハート、購入するか悩み中。
まだ第一話しか見ていませんが、いやぁ面白い。
連載初期からひそかに注目していました。デッサンは微妙だけど、凄まじい勢いの作品だと。
アニメの絵は、まるで原作を清書したかのような綺麗さ。動きもいい。
まだまだ多くの謎が残されているので、原作からもアニメからも目が離せません。


そしてなんとなく、スエロー一押しの『這いよれ! ニャル子さん』のステマ。

這いよれ! ニャル子さん (GA文庫)這いよれ! ニャル子さん (GA文庫)
(2009/04/15)
逢空 万太

商品詳細を見る


こちらはアニメで知って一目ぼれした作品。
最初は「ヒロイン可愛い!」「主人公容赦ねえ!」「パロディ多すぎ!」と、ほぼネタで見ていました。
見始めたのはアニメオリジナルの温泉回。
ニャル子が真尋を性的な意味で襲うシーンがあり、その続きとこれまでが気になって原作を一気買い。
「ヒロイン可愛い!」→「ニャル子さんゲスい!」
「主人公容赦ねぇ!」→「真尋さん、相当手加減してたんだ……」
「パロディ多すぎ!」→「ネタが多すぎてオリジナルかそうでないか、まるで見分けがつかんぞ!」
と、感想が相当変化しました。面白いってことに変わりはないけれど。
以前クトゥルフ神話TRPGについて語りましたが、そこに引き込んだ張本人が、このニャル子です。


こちらは巨人とは逆に、ネタに突っ走っていながらも基礎がきっちりとした作品です。
文章の合間合間に作者の文章力の高さを感じ取れる。
パロディ元であるクトゥルフ神話は読破するには相当難度が高いのですが、そのネタに関しても綿密に詰め込まれており、どれだけ原作をリスペクトしているかを理解できます。

個人的に好みなのは、真尋がニャル子へ堕ちていく過程がしっかりと描写されていること。
邪神たちをほとんど毛嫌いしていた真尋が、騒動を通して心を開いていく。
恋愛ものだと三歩進んで二歩下がる、というのが定番ですが、『這い寄れ! ニャル子さん』は一巻ごとに進展があって読んでて気持ちがいいです。難聴主人公などいらないのです。

男のツンデレに萌える日が来るなど夢にも思いませんでした。


というわけで、ニャル子さん第二期も楽しみです。



次はつかっくま様。
よろしくお願いします。リア充爆発しろ

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yukainahiyokotati.blog.fc2.com/tb.php/368-44294d8b

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。