プロフィール

ゆかいなひよこたち

Author:ゆかいなひよこたち
「ボクたちは、いったいいつまで若いのですか?」

もう戻れない日々を疾走する
しまやスタッフ若気の至り


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


スポンサーサイト [-------- --]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スエロー渾身のエロトーク [2013-02-02 土]


スエローである。
製本三兄妹の方々から『お前の話はエロくない』との苦情をいただいた。
ということで、此度は全力全開のスエロートークを披露しようと思う。


最近は、シバリングが一番のお友達だ。
マフラーに手袋、分厚いコートを着ていても、寒気はするりと入り込んでくる。
特に辛いのが電車の待ち時間。
遮蔽物も何もないホームの上で、ガタガタと奥歯を鳴らしながら突っ立っているのだ。
あったかい飲み物でも飲めばいいって? 馬鹿を言っちゃいけない。
私のお気に入りである粒粒コーンスープ及びオニオンスープは体こそ温めてくれるが、代わりに懐から熱を奪い去ってしまう。一日一本、一か月で四千円弱。こりゃ寒い。

そんな中、唯一の癒しともいえるひと時がある。
――電車で座っている時間だ。

お尻が温かい。体に溜まっていた疲労がじんわりと溶けていく。
一定のリズムで鼓膜と全身を揺らす列車の音は、古き良き時代を想起させるかのような懐かしさがある。
ふと目を閉じれば、周囲の雑音が一斉に鳴りを潜め、静かな闇が広がっていき……

うっかり寝過ごした。

到着駅を告げる声に耳を傾けてみれば、昔の友人の名前が呼ばれる。
『西国分寺』。
かつて四年間通った大学に行くうえで、とてもお世話になった駅である。

東京をすっぱり横断する中央線を使ったことのない東京人はいなかろう。
その中央線と武蔵野線を繋ぐ役割を担うのが、西国分寺駅だ。

なんてこったい、と寝ぼけ眼をこすりながら降りるスエロー。
また同じ経路を逆戻りしなければならないという事実に虚無感を覚えつつ、再び凍える外界へと身を投じた。

しかし――このままでは時間を無為にしただけではないか。
何かほしい。この場所に来た意味というものを。
などと運命的な出会いを期待しながら、以前より少しだけ雰囲気の変わった駅を見渡す。

あれ、こんなところにスパゲッティ屋(?)なんてなかった。
あれ、こんなお菓子屋なんてまるで見覚えがない。
あれ、こんなところに……ケーキ屋かな?

自然と引き寄せられる足。
断じて、断じて微笑みを浮かべてこちらを見やるお姉さんに引き寄せられたわけではない。
そして躊躇うことなく店内へと歩を進める。

小奇麗で明るい店の中には、お客があまりいなかった。
多くの通行人がいるはずの駅構内、加えて改札口の目の前という絶好のロケーションであるのに。
しかしスエローとしては、こちらの方が気が楽になる。流行には逆らいたくなる性質なのだ。

「いらっしゃいませ」という声に小さなお辞儀で答え、さっそく品定めをおこなう。
……美味しそうなケーキよりも、その値段に目が行くのがスエローの成功しない理由かもしれない。

だがすぐにでも電車が来る。
そう判断し、スエローは決断した。この一番安く、シンプルなケーキを買おうと。

それがこれである。

ロールケーキ


結論から言おう。大変美味であったと。
スポンジの弾力が素晴らしい。半ロール398円のものとは比べ物にならない。
クリームの甘さが絶妙だ。スポンジ抜きでも十分に食べられるので、甘すぎるのが嫌いなスエローも絶賛せざるを得ない代物である。豆乳クリームであることも控えめな甘さにつながっている。

懐がさらに寒くなったが、これはこれでいいと思った。
ケーキなどほとんど買わず食わずなスエローだからこそ、ちょっと良い品で幸せになれるのだろう。


要するに。
電車で寝過ごして、その帰りにケーキを買ったというつまらない話を、ここまで引き延ばした。
このような手法を『カルピス』という。タブンネ。

さて、『スエローのカルピス』は美味しかっただろうか。

意味がまるで分からない人は、そのままの貴方が素敵だ。

意味が分かってしまった人は、スエローと同じく不治の病にかかっている。
そんな貴方は1D3のSAN値喪失。さらに『下ネタ技能』を5%進呈しよう。


……やっぱりスエローには荷が重すぎたよ。


次はつかっくま様です。
よろしくお願いします。


コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yukainahiyokotati.blog.fc2.com/tb.php/298-f54895ec

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。