プロフィール

ゆかいなひよこたち

Author:ゆかいなひよこたち
「ボクたちは、いったいいつまで若いのですか?」

もう戻れない日々を疾走する
しまやスタッフ若気の至り


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


スポンサーサイト [-------- --]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吾輩の自転車である。名前はまだない。 [2012-04-30 月]

こんばんは、吾輩である。

今日は繁忙期真っただ中、吾輩の足となり活躍している自転車を紹介しよう。

自転車

我ながらだいぶ味わいが出てきている。
多めに褒めてもここらが限界であろう。
吾輩は毎日、この自転車で会社まで通勤している。
しまやには自転車で通勤している人が一定数いるが、
中でも一番ぼろいのが、この吾輩の愛機、名前はまだない、である。
社内の一部では吾輩の自転車をバカにするのが密かなブームになっているとかいないとかいう話である。

しかし吾輩、この自転車にはとても助けられている。
自転車通勤というと、さぞ吾輩の家は会社に近いのだろうと思われるだろうが、
吾輩は埼玉県在住である。
都民ではないのだ。

ではなぜ自転車通勤なのか。
吾輩は電車を使って東京入りしたあと、駅前の駐輪場に停めてある愛機を駆って会社に向かうのだ。
個性豊かなしまやといえど、そんな奇特なことをしているのは吾輩だけである。
そのため、繁忙期になると電車通勤の人たちは終バスの時間に合わせて帰宅するのだが、
いつまで経っても帰宅しない吾輩は、埼玉在住であることをなかなか覚えてもらえなかった。
あまりにも覚えてもらえないので、いっそ都民を名乗ろうかと思ったくらいである。

そんな吾輩はしまやに入ってからすでに二度、帰宅途中で警察官に呼び止められている。
吾輩のオーラがただならぬのか。
吾輩の愛機が哀愁を誘うのか。
難しいところである。

さて、今日のところはこんなところで。
皆様によいGWが訪れますように。

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yukainahiyokotati.blog.fc2.com/tb.php/25-8bf81ece

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。