プロフィール

ゆかいなひよこたち

Author:ゆかいなひよこたち
「ボクたちは、いったいいつまで若いのですか?」

もう戻れない日々を疾走する
しまやスタッフ若気の至り


カレンダー

06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


スポンサーサイト [-------- --]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰らなきゃいけなかったのに、いつの間にか夏になった。おまえらといるのが、あんまり楽しくてさ。 [2012-07-16 月]

こんにちは、吾輩である。

寒い寒いと思っていたらもう夏である。
吾輩の中での地球の自転は着実に速度を増しつつある。
吾輩がおじいちゃんになる日は近い。

夏になったので吾輩は劇場版アニメ『時をかける少女』を見た。
タイトルにも使ったこの台詞。
千昭がいうこの台詞が、この映画で吾輩が最も好きな台詞である。

ちなみにこの台詞のキーポイントは「あんまり」の部分にある。
もしこれが「すごく」とか「あんまりにも」とかだったら、
きっとこれほど耳に残る台詞にはなっていなかっただろう。
この「あんまり」という言葉が持つ懐かしくも目新しい響きが(以下略

さて、いつぞやのブログにも書いたとおり、吾輩はケータイを新しくした。
そこで吾輩はこのケータイの新機能を試してみた。
時代の最先端である。

ワンセグ

おお、これこれ!
ケータイでテレビが観られるとは聞いてはいたが、よもや本当に観られるとは。
ワンセグとかいうらしい。
都市伝説の一つかと思っていたら、どうやら真実だったらしい。

これで吾輩も、繁忙期中であろうが何であろうが
仕事中にテレビを見ることが可能になったわけであるが(注:無理です)、
さすがに映画はそういうわけにもいかない。

『グスコーブドリの伝記』とか、
『BRAVE HEARTS 海猿』とか、
細田守監督の『おおかみこどもの雨と雪』とか、
観たい映画がたくさんある。

夏コミが終わってもまだやっているといいなあ。
そうしたらたくさん観に行こうとたくらむ吾輩である。

さてさて、吾輩にとって二度目の夏コミ。
しまやに入稿をした、あるいはしようと考えてくださっているお客様や
今年もここで働かせてもらえるありがたさ、
そして吾輩の成長を促してくれた上司や先輩方、
そういったいろいろなことに感謝しながら、吾輩は再び「しまや夏の陣」に挑む。

明日はひとでさんである。
この夏もよろしくお願いします。
スポンサーサイト
 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。