プロフィール

ゆかいなひよこたち

Author:ゆかいなひよこたち
「ボクたちは、いったいいつまで若いのですか?」

もう戻れない日々を疾走する
しまやスタッフ若気の至り


カレンダー

05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


スポンサーサイト [-------- --]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

可能性に殺されるぞっ! ってどういう意味ぞな? [2012-06-25 月]

こんにちは、吾輩である。

六本木ヒルズ

ここは吾輩が今日出掛けてきた場所。
そう、六本木ヒルズである。

ちょっとした所用があって出掛けてきたのだが、
あいかわらず六本木ヒルズはオシャレすぎて吾輩には似合わない。
どうせならスレンダー美人を連れて歩きたいものであるが、
残念ながら今のところその予定はない。

そもそも、ヒルズに売ってあるものは一体どういう場面で使えばいいのだろうか?
三ツ星レストランとか、立食パーティとか、そういうところじゃないと
浮いてしまうんじゃないかと思う吾輩である。

しかし!
そんな吾輩でも、年に数回、六本木ヒルズに行かねばならぬときがある!
これを観るためである。

ユニコーン

そう。いわずとしれた「機動戦士ガンダムUC」である。
いやー、吾輩、初めてUCを劇場で観たときの感動は忘れられない。
吾輩的にSEEDは面白かったけれど、ディスティニーとダブルオーは肩すかしを
食らっていただけに、満を持して登場したUCの出来映えには
感極まるものがあったのだ。

ちなみに吾輩が一番好きなのはepisode4で、何度も劇場でウルウルしてしまった。
最後の「撃てませんっ」という叫びを聞いたときには涙で水たまりを作ってしまうほどだった。

次回のepisode6公開日までには六本木ヒルズに似合う男になって、
隣にスレンダー美女を連れて闊歩したいものである。

とても面白い作品なので、興味のある人は是非ご鑑賞あれ。

さあ、明日はひとでさんである。
よろしくどうぞ。

このままだと、くまさんには「一週間 ずっと俺のターン!」をやってもらおうかなと検討中ですヨ! お楽しみに! 同人誌印刷はしまや出版!
スポンサーサイト
 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。